2018年度 鹿児島大学水産学部 水産流通学研究室

「新しいご馳走を発見することは、新しい天体を発見するよりも人類に幸福をもたらす」 

ブリア・サヴァラン

充実した学びの場

 水産流通学研究室は、豊かな「食」を通じて人々に幸せを届けたいという理念と使命感を持ち、水産物流通業界で活躍できる人材、責任を持って地域の「食」を担う人材の養成を目的としています。

 そのために、全国でも類を見ない水産物流通に特化した専門的かつ一貫性のあるカリキュラムと現場感覚豊かな2名の教員によって、水産物流通に関する高度な専門的知識、食品産業に対する実践的で幅広いビジョンそして水産物を扱う上で必要となる倫理観の習得を目指しています。

 研究室での学びは、講義と実習そして卒論および自主的研修に分けられます。卸売市場やスーパーの仕組みを学ぶ「水産物流通論」、現代的な販売技術を学ぶ「水産マーケティング論」、主要水産物の需給状況を学ぶ「水産物需給論」、世界的な水産食料問題を学ぶ「水産食料経済論」、食品企業の行動を学ぶ「フードビジネス論」、水産加工業の実態を学ぶ「水産加工経済論」など、専門的かつ充実した科目群を体系的に学び、知識の習得に努めます。実習では漁村に入り込み、漁業生産現場を体験します。卒論は徹底した現場主義を貫き、アカデミックであるよりも現実的であることを優先します。自主的研修では全国各地で企業や産業現場を実体験し、座学では学べない現実を感覚的に身につけます。 

楽しい研究室生活

 水産流通学研究室の教員は、フードビジネスの最先端を自らの研究対象としており、日常的に日本中そして世界中の食品産業の現場を調査しています。

 研究室ではこうした最先端の情報や産業現場のリアルな現実をもとに議論を行い、また学生自らが常に食品企業や食品流通の現場に飛び込んで「現場からしか学べない」をスローガンとして調査や研修を行っています。

 卒論研究は現実の産業界を対象として行うため、全国の水産物流通業者や水産加工企業にお世話になりながら進めていきます。2017年度は、静岡のニジマス養殖業者、長崎の大中型旋網経営体、長崎や熊本、鹿児島の鮮魚卸売市場、鹿児島の薩摩揚げや冷凍食品などの水産加工企業、鹿児島の外食産業、鹿児島のクルマエビ養殖業者、鹿児島の漁協やマダイごち網経営体などで調査を行いました。

 さらに、「フードビジネスは自分の食卓から始まる」をモットーに、毎週魚料理を自分たちで作り、旬の魚を味わい、水産物を扱う人間に必要な実践的感覚と味覚を磨き、同時に魚の素晴らしさを学んでいます。

 ゼミの日には交代で魚を仕入れに行きます。ゼミでの勉強よりも、ゼミの後で食べる魚料理に惹かれて、毎週木曜夕方に、学生が集まってきます。

教員の社会活動

 2名の教員は研究活動を通じて国や自治体、漁業関連団体や食品関連企業そして全国の生協や地域の自治組織などと常に密接に交流しており、様々な形で地域社会や国家的な水産業振興に貢献しています。たとえば水産庁水産政策審議会委員、水産庁冷凍水産物需給情報検討会座長、水産庁養殖魚需給検討会委員、鹿児島県漁業調整委員、全漁連や全海水による海外輸出促進活動の委員、鹿児島県の水産物輸出促進協議会会長、鹿児島県クロマグロ養殖協議会会長、福岡魚市場顧問、などです。

 講演活動も活発に行っており、2017年度には鹿児島県はじめ、大分県、福岡県、山口県、宮城県、栃木県、青森県、東京都などで水産物流通やその消費、魚食普及と食育、水産物の輸出と養殖経営などについての招聘公演を行いました。また2016年度にはロシアで、2017年度にはシンガポールで講演を行いました。2017年度にはノルウェー大使館主催の「シーフードセミナー」でも講演しました。当研究室は水産物流通研究で日本をリードする立場にあります。



流通研のブログ

2018年度がスタート

いよいよ2018年度がスタートしました。学生も入れ替わり、また新しい1年が始まります。全国で一番ドキドキ・ワクワクする研究室を目指して、今年もできる限り頑張ります。

 

4月13日

NHKの取材を受け、その後で阿久根の水産加工企業をディレクターさん達と一緒に訪問しました。いつもお世話になっているやまた水産様と中野水産様です。大変興味深い話を聞かせていただきました。有り難うございました。

 

4月16日

宮崎日々新聞の取材を受けました。養殖についてです。養殖が今、アツいですね!

4月20日

鹿児島県庁で輸出促進関係の会議に出席しました。「鹿児島県農林水産物輸出促進ビジョン」を策定し、水産物も含めた農林水産品全体の輸出を拡大していきます。

5月2日

日本経済新聞社で取材を受け、ついでに全漁連に寄ってきました。

5月7日

鹿児島海区漁業調整委員会に出席

5月14日

水産庁次長と面談、その後いつもの「冷凍水産物需給情報検討会」に座長として出席しました。

5月16日

また鹿児島海漁業調整委員会に出席しました。

5月18日

博多にて、日本遠洋旋網漁業協同組合の流通協議会に出席

5月21日・22日

JICAの研修会で講師を務めました。漁業権や日本の漁業管理制度について、です。

5月28日

またまたJICAの研修会。

5月29日

佐野が会長を務める鹿児島県水産物等輸出促進協議会の総会に出席しました。

6月1日・2日・3日

東京にて、漁業経済学会に出席しました。漁業制度改革に関するシンポジウムでは司会を務め、その後で制度改革への反対を唱えて記者会見を開きました。加瀬和俊先生が奮闘しています。

6月6日

博多にて、日本遠洋旋網漁業協同組合の地域協議会に出席。

6月8日

全漁連で打ち合わせ

6月11日

日本経済新聞社が主催するAG/SUM、アグリテックサミット2018に招待され、「浜を活性化する水産テクノロジー」という基調シンポジウムの司会を務めました。パネラーは江島自民党水産部会長、長谷水産庁長官、長屋全漁連専務、オカムラ食品工業の岡村社長でした。

また全漁連のブースでも講演と司会を担当しました。懇親会では海外投資家らや農林水産事務次官らともお話しする機会があり、貴重な経験をさせていただきました。農業分野のアグリテックは凄いことになっています。マイクロソフトやグーグルなどが水産業に投資する時代が来るかもしれません。

6月21日

みなと新聞の取材

6月22日・23日・24日

ハビエルの博士論文作成のために、塩竃で遠洋カツオ一本釣りを営む大規模漁業経営体、株式会社明豊様を訪問し、漁業経営の実態や販売を伺いました。また加工工場も見学させていただきました。大変に面白く、為になる調査でした。どうも有り難うございました。

また、極洋の塩竃工場で新入社員研修中の、3月に卒業したばかりの長澤君と「すし哲」に行きました。美味しかったです。また仙台では日本政策金融公庫仙台支店にいる2年目の幡手君とアナゴづくしをいただきました。東北もいいですね~!

6月29日

ハローディさんをお招きし、水産物小売業の紹介と「魚のおろし方」教室を「サンエールかごしま」で行いました。卒業生の島田君も来て、颯爽と魚を捌いてました。かっこよかったです!

7月3日

日本を代表する優良SMエブリィの岡崎社長と丸竹専務が鹿児島に来られたので内定者の4年生、竹川さんも一緒に会食しました。「すし割烹 光正」です。卒業生の矢作くんからビデオレターをいただきました。楽しくやってるようで嬉しかったです。エブリィ様、どうも有り難うございました。

7月4日

鹿児島水産高校(枕崎)で出前授業を行いました。卒業生の溝端先生がアテンドしてくれました。久しぶりに話せて良かったです。

7月6日

水産経済学分野恒例の、2年生歓迎会を行いました。

7月9日

川内高校にて出前授業を行いました。

7月13日

垂水市境小学校にて、「垂水の魚と漁業」パンフの贈呈式に出席し、小学生に講演しました。小学生は元気でよいです!

7月14日・15日・16日

下関の水産大学校で集中講義してきました。「養殖経済論」です。

鷲尾理事・大学校代表とも会食してきました。また帰りに小倉で卒業生の岩下さん(日本アクセス)と久しぶりに会って食事してから帰ってきました。

7月21日

都城西高校で出前授業でした。卒業生の田住さんが延岡の高校時代にお世話になったエリー先生が、いま都城西高校におられてアテンドしていただきました。偶然って凄いですね!有り難うございました。

7月30日

全漁連会議室にて水土舎様の委員会に出席。養殖の餌関係です。羽田泊まりだったので、卒業生の河崎君と大森で餃子を食べました(笑)

7月31日

愛媛県宇和島で講演会。漁業制度改革のツボを話してきました。反響が大きく、その後も電話やメールをいただきました。

8月3日

神田で水土舎様の委員会に出席。養殖の漁場利用関係です。

8月4日

オープンキャンパスでした。今年はたくさんの高校生が水産経済学分野に来てくれました!有り難うございました。

8月5日

シイラがたくさん釣れました(笑)

8月6日

午前中に名古屋の大東魚類様がお見えになりました。午後からは鹿児島海区漁業調整委員会でした。

8月9日・10日・11日

長崎県松浦市星鹿地区で、2年生を引率して漁家民泊の実習に行ってきました。大アジ、マダイ、マハタなどが釣れました。美味しい実習でした(笑)


続きを読む 2 コメント