2018年度 鹿児島大学水産学部 水産流通学研究室

「新しいご馳走を発見することは、新しい天体を発見するよりも人類に幸福をもたらす」 

ブリア・サヴァラン

充実した学びの場

 水産流通学研究室は、豊かな「食」を通じて人々に幸せを届けたいという理念と使命感を持ち、水産物流通業界で活躍できる人材、責任を持って地域の「食」を担う人材の養成を目的としています。

 そのために、全国でも類を見ない水産物流通に特化した専門的かつ一貫性のあるカリキュラムと現場感覚豊かな2名の教員によって、水産物流通に関する高度な専門的知識、食品産業に対する実践的で幅広いビジョンそして水産物を扱う上で必要となる倫理観の習得を目指しています。

 研究室での学びは、講義と実習そして卒論および自主的研修に分けられます。卸売市場やスーパーの仕組みを学ぶ「水産物流通論」、現代的な販売技術を学ぶ「水産マーケティング論」、主要水産物の需給状況を学ぶ「水産物需給論」、世界的な水産食料問題を学ぶ「水産食料経済論」、食品企業の行動を学ぶ「フードビジネス論」、水産加工業の実態を学ぶ「水産加工経済論」など、専門的かつ充実した科目群を体系的に学び、知識の習得に努めます。実習では漁村に入り込み、漁業生産現場を体験します。卒論は徹底した現場主義を貫き、アカデミックであるよりも現実的であることを優先します。自主的研修では全国各地で企業や産業現場を実体験し、座学では学べない現実を感覚的に身につけます。 

楽しい研究室生活

 水産流通学研究室の教員は、フードビジネスの最先端を自らの研究対象としており、日常的に日本中そして世界中の食品産業の現場を調査しています。

 研究室ではこうした最先端の情報や産業現場のリアルな現実をもとに議論を行い、また学生自らが常に食品企業や食品流通の現場に飛び込んで「現場からしか学べない」をスローガンとして調査や研修を行っています。

 卒論研究は現実の産業界を対象として行うため、全国の水産物流通業者や水産加工企業にお世話になりながら進めていきます。2017年度は、静岡のニジマス養殖業者、長崎の大中型旋網経営体、長崎や熊本、鹿児島の鮮魚卸売市場、鹿児島の薩摩揚げや冷凍食品などの水産加工企業、鹿児島の外食産業、鹿児島のクルマエビ養殖業者、鹿児島の漁協やマダイごち網経営体などで調査を行いました。

 さらに、「フードビジネスは自分の食卓から始まる」をモットーに、毎週魚料理を自分たちで作り、旬の魚を味わい、水産物を扱う人間に必要な実践的感覚と味覚を磨き、同時に魚の素晴らしさを学んでいます。

 ゼミの日には交代で魚を仕入れに行きます。ゼミでの勉強よりも、ゼミの後で食べる魚料理に惹かれて、毎週木曜夕方に、学生が集まってきます。

教員の社会活動

 2名の教員は研究活動を通じて国や自治体、漁業関連団体や食品関連企業そして全国の生協や地域の自治組織などと常に密接に交流しており、様々な形で地域社会や国家的な水産業振興に貢献しています。たとえば水産庁水産政策審議会委員、水産庁冷凍水産物需給情報検討会座長、水産庁養殖魚需給検討会委員、鹿児島県漁業調整委員、全漁連や全海水による海外輸出促進活動の委員、鹿児島県の水産物輸出促進協議会会長、鹿児島県クロマグロ養殖協議会会長、福岡魚市場顧問、などです。

 講演活動も活発に行っており、2017年度には鹿児島県はじめ、大分県、福岡県、山口県、宮城県、栃木県、青森県、東京都などで水産物流通やその消費、魚食普及と食育、水産物の輸出と養殖経営などについての招聘公演を行いました。また2016年度にはロシアで、2017年度にはシンガポールで講演を行いました。2017年度にはノルウェー大使館主催の「シーフードセミナー」でも講演しました。当研究室は水産物流通研究で日本をリードする立場にあります。




流通研のブログ

2019年度夏~秋

8月19日

水産庁にて、佐野が冷凍水産物需給情報検討会に座長として出席しました。今年もスルメイカが空前の不漁、アキサケの回帰も期待できず、サンマも遅れそうな見込み。秋の味覚がピンチです。

8月21日

国分高校にて佐野が出前授業を行いました。素晴らしい環境の中、気持ち良く講義させていただきました。

8月22日

全漁連にて佐野が制度改革に関する打ち合わせを行いました。

8月23日

労組(水産支部)の飲み会。少人数でしたが、その分腹を割った話ができてとても楽しかったです。

8月26日

潮風フェスタに向けたバルーンアートの講習会をPESCAのメンバーにむけて開催しました。講師はKTSの竹田瞳さんです。

8月30日

鹿児島県水産物等輸出促進協議会の研修会が行われ、会長として参加してきました。

9月4日~6日

宮崎大学農学部で「水産経済学」の集中講義。隔年開講ですが、いつも気持ちよく講義させていただいています。深見先生、有り難うございました。

9月8日

鹿児島市・KTS「潮風フェスタ」にPESCAとして参加してきました。バルーンアート、魚釣りゲーム、魚の射的ゲームを行い、多くの子供たちに遊んでいただきました。

9月10日

日本財団「海と日本プロジェクト」の一貫で、テレビ朝日系列の3局が開催する「ウミ学プロジェクト」を佐野が監修しました。鹿児島、大分、長崎の小学校で海と魚や魚のダシについての講義を行い、また全体のとりまとめを行います。この日はまず鹿児島の八幡小学校(ご近所です)で2コマの講義を行いました。奨学生は素直で可愛いですね!

9月11日

神田で養殖総合戦略に関する打ち合わせ。

9月13日

「ウミ学プロジェクト」の講義を、長崎市の精道小学校で行いました。素晴らしい環境の小学校で、これまた素直で素晴らしい子供たちに出会い、心から癒されました!

9月19日

枕崎のマルモ様のかつお節工場を訪問し、見学させていただきました。

9月20日

ILPサマーセッションに参加している5カ国の学生を連れて垂水市漁協を訪問し、養殖場の見学をさせていただきました。カンパチの定食もいただきました。有り難うございました。

9月26日

三田のJABで、MELの認定に関する審査を行いました。

10月4日

「ウミ学プロジェクト」の講義を、大分市の犬飼小学校で行いました。ここも素晴らしい環境に恵まれた学校で、素朴な温かい子供たちに囲まれて楽しく過ごせました。

10月10日~12日

長崎県松浦市の西日本魚市様、平戸市の平戸魚市様、そして佐世保市のスーパーであるエレナ様に伺い、卒論調査を行いました。松浦ではいつもお世話になっている星鹿の荒木さんの自宅にお邪魔し、晩ご飯をごちそうになりました。みなさま、有り難うございました。

10月18日~22日

青森県八戸市で、株式会社ヤマヨ様、株式会社八戸缶詰様、福島漁業様などを訪問し、卒論調査を行いました。イカの不漁、サバ缶ブーム等の話をたくさん聞けて大変勉強になりました。有り難うございました。

10月23日

神田にて養殖業総合戦略に関する打ち合わせに参加しました。

10月24日

ゼミに配属された3年生の歓迎会を行いました。野外でのBBQです。

10月25日

生協連の松本様が来鹿され、MSCの取り扱いなどついてお話を聞かせていただきました。有り難うございました。

10月26日~27日

肝属郡内之浦で、昌徳丸様の定置網操業の見学を行い、その後、卒論調査を行いました。たくさんの種類の魚が獲れてました。たくさんのヘダイもいただきました。有り難うございました。

10月28日

神田にて、養殖業総合戦略の委員会に副委員長として出席しました。

10月31日

KTSにて番組審議会に会長として参加しました。

11月8日

おおさき鰻加工組合様にお邪魔し、工場を見学したあとで卒論調査を行いました。有り難うございました。

11月11日~12日

埼玉県川越市にて日本を代表するスーパー、ヤオコー様を訪問し、卒論調査を行いました。水産物小売りの第一人者である細川様にもご同行いただきました。大変勉強になりました。有り難うございました。

 

 

 

 


続きを読む 2 コメント